スタッフブログ子育て家族に自由設計×自然素材×高品質な世界に1つだけの暮らしを。

  • 40代以上のミドル世代の皆様へ。

    ある日のこと、10年前にみづほ工房でご新築頂いたお客様より連絡があった。

    ご実家で一人暮らしをされていたお母様が入院することになり、そのご実家を解体したいと言う。

    現在の住まいでバリバリと活躍されているミドル世代の方は忙しい。

    気持ちはあってもご実家になかなか立ち寄ることのできない方も多い。


    今までも既に嫁いだ娘さん2人(そのうち1人がみづほ工房でご新築)が相続したご実家の相談を頂いたこともある。

    既に2人とも嫁ぎ先での家があり、ご実家は放置状態であった。

    庭木が隣家に迫り、自治体より娘さんに連絡が行ったのだ。

    その時は庭木を根っこから伐採しただけであったが、その後ご実家は解体された。


    話を先のお客様に戻すと、その方のご実家はただただ広い敷地であった。

    庭木があちこちに伸び放題、家はご立派な建物であるが老齢の方には手が及ばず傷みがひどい。

    既にこちらで活躍されているお客様はこのご実家を維持していくことは難しい。

    よって解体となった。


    私たちミドル世代の親の年齢は60代、70代以上になるだろう。

    親もいつまでも若くはない、ある日突然実家が空き家になることだってあるのだ。

    「親の家の片付け」なるものが断捨離ブームの時もあったかと思う。

    ミドル世代の我々にとって明日は我が身である。


    そんな私たちが知っておいて損はない情報がある。


    既に皆様もご存知だと思うが、空き家はもはや日本の大問題。

    現在の建築基準法、耐震基準を満たしていない空き家も多い。

    基準が満たされない空き家は危険空き家と認定される。

    そして、その除却(いわゆる解体)に自治体より補助があるケースがある。

    かほく市や金沢市では除却に係る費用(いわゆる解体工事の費用)に対して上限50万円までの補助が受けられる。

    かほく市:http://www.city.kahoku.ishikawa.jp/www/01/101/006/018/index_6594.html

    金沢市:http://www4.city.kanazawa.lg.jp/29101/jyuutaku/akiyataisaku/akiyataiasku.html


    そして期間限定や短期的ではあるが国が補助金を出すこともある。

    危険建物の除却(解体)をし、自分が住むために現在の耐震建物へ建替える際の補助である。


    以前みづほ工房で建替えをなさったお客様邸はこの条件に見事当てはまった。


    013 (1024x768) 既に傾きも感じられていた建物を解体。


    D2_004 (683x1024) 最新の耐震と断熱で生まれ変わった。


    亡くなったご両親が残したご実家を空き家にせずに建替えた方もいらっしゃる。

    P3300004 昭和55年築は残念ながら危険建物である。


    D-2_006 ご両親亡き後に放置空き家とならず生まれ変わった。


    空き家は維持管理がとても大切だ。

    庭木や害虫でご近所に多大な迷惑を掛けることもある。

    生活の無い空き家は傷みの速度もずっと速い。


    ミドル世代の私たちがそろそろ真剣に考える時かもしれない。





    2018.6.22

    詳細を見る
  • 上棟の恒例。

    今までは紙(図面)の上だった新居。

    基礎工事が終わっても今一つ大きさがピンと来ない方は多いと思う。

    その新居がいよいよ姿を見せる日が上棟の日である。


    それはそれは待ち遠しくその日を楽しみにする。

    そして一瞬でさえ見逃したくないと言う気持ちにだってなる。

    何件も上棟を見守った私でさえ、数年前の我が家の上棟時は何枚も同じような写真を撮りまくった。

    遠足の前の晩のような気持ちでベッドに入ったことを思い出す。


    そんな特別な日である上棟の際、数年前より行っていることがある。

    無理を申し上げることはしないが出来れば朝一番でお施主様に来て頂いている。

    そして作業前の朝礼に参加頂くのだ。

    集まった大工さん、レッカー作業員の方、現場監督、そして私。

    お施主様のお言葉で気持ちがより一層引き締まる。

    みんなで良い家になるように安全に作業が進むようにエイエイオーと掛け声をかける。


    何度経験しても忘れられない日となる。

    お客様が本当に楽しみに待っていてくださったのが伝わってくる。


    先週の土曜日、太陽が丘の家がついに上棟を迎えた。

    DSC_1899 (1024x576)

    お施主様は右側にいらっしゃるがプライバシーの関係で写真は伏せる。


    この日も朝礼を皮切りに作業がスタートした。

    そして途中休憩を挟みつつも大工さんが帰るまでお施主様は見送って下さった。

    待ちに待った新居が姿を現し、お施主様は「感動した」と言って下さった。

    私もじーーーんと来てしまった・・・。


    明日は田井町の家が上棟を迎える。

    明日もまた待ちに待ったお施主様のお顔を拝見できる。

    何とうれしいことだろう。

    2018.6.15

    詳細を見る
  • 隠れた名所。

    北陸新幹線が開通してから金沢の観光地にはものすごく人が増えた。


    日々の営業活動の中、車で通り過ぎる東茶屋街、西茶屋街。

    兼六園や21世紀美術館の周辺は平日、土日を問わず観光客の方がたくさんいらっしゃる。

    金沢市役所へ行くことも多い中、観光客の方が本当に多いことに気が付く。

    地元金沢の観光地を改めて地元の私たちが見直し、その場所へ赴くことも増えたようにも思う。


    そんな中、先日私はお客様の用事の為に石川県庁に行った。

    金沢の観光地と言えばほぼ金沢駅東口方面に固まる中、西口方面に向かう方は少ないかもしれない。

    石川県庁は西口から更に海に向かった鞍月と言う場所にあるのだ。


    ご存知の方もいらっしゃるかもしれないが行ったことがある方は少ないかもしれない。

    県庁最上階の19階には展望フロアがある。

    いつもは最上階へ寄ることなく県庁を後にしているが、久しぶりに最上階へ行ってみた。


    DSC_1884

    金沢は東側に山々が連なる。白山も運が良ければ遠くに見える。

    そしてちょっと目をやれば中心部にも関わらず雄大な田園風景もある。


    DSC_1887

    西側は遠景に海が広がる。

    金沢港に誘致されている大型客船も遠くに見え、ここもなかなかの景色である。


    今回はあくまでもお客様の用事で行っただけなので、たった5分で展望フロアを後にした。

    ただ展望フロアは今回ご紹介した東側、西側だけではなく北側、南側も楽しめるのだ。

    そしてあまり私たちが積極的に知ることが少ない各部署の活動も紹介されていてなかなか興味深い。


    この県庁最上階の展望フロアは4月~12月は平日だけだが夜8時まで開いている。(1月~3月は夜7時まで)

    喉が渇けば、空腹であれば喫茶コーナーもある。

    何といっても入場無料、あげく駐車場まで無料である。


    お子様と一緒に、ご夫婦で、お友達同士で、きっと楽しめるに違いない。

    県庁はなかなかの隠れスポットだと思う私である。


    2018.6.8

    詳細を見る
  • キッチンを選ぶ。

    家に必ずあるもの。

    玄関、リビング、お風呂にトイレ。


    そう来ればどの家にも必ずあるものとしてキッチンがある。


    今日はキッチンについて書きたい。

    キッチンについてと言ってもかなりアバウトだ。

    壁に付けるタイプ、キッチンが独立しているタイプなどキッチンをめぐる話は尽きない。


    なので今日はインテリアとしてのキッチンを紹介したいと思う。

    システムキッチンの標準的な幅は2.5mなのだ。

    かなりの大きさを持つキッチンはやはりリビングで目立つ存在となる。

    そこで使い勝手は当たり前、インテリアにも特化するキッチンが続々発売されている。


    誰もが一度は聞いたことのあるメーカーからはインテリアの主役になりそうなキッチンが登場。

    default_keyvisual_img_02 画像引用:リクシル

    セラミックを天板にあしらった堂々たるインテリアの主役である。


    pct02a画像引用:クリナップ

    セラミックトップに組み合わせるのは大胆なステンレスシンクだ。

    キッチンブランドとしての使い勝手を押さえながら海外製の趣すらある。


    最近のシステムキッチンメーカーは建材(床とか扉とか)メーカーと統合されているケースも多い。

    そうすると出てくるのがキッチンと床や扉とのコーディネートである。

    default_img_05 画像引用:リクシル

    リクシルのキッチンはもともとサンウェーブと言うキッチンメーカーの商品であった。

    リクシルとしてブランド化される際、床や扉のメーカーも一緒に統合された。

    結果、床や扉とキッチンの面材(扉の色)のコーディネートが可能になったのである。

    キッチンを堂々たる主役に据えるのではなくリビングとキッチンが一体化された空間コーディネートとなる。


    ただ上記の場合、残念ながら扉や床は自然素材(無垢材)ではない。

    やっぱり無垢材じゃなきゃという方の為にもう1社紹介したい。


    oak01 画像引用:ウッドワン

    こちらは床や扉に無垢材が使われ、キッチンの面材まで同じ素材の無垢材で出来ている。

    もともと造林業だった関係から自然素材、無垢材へのこだわりが強く、扱いにも慣れている。

    素材も様々から選ぶことが出来るので好みの自然素材空間を作ることも出来る。


    flamekitchen_vi 画像引用:ウッドワン

    あえてのオープンスタイルなフレームキッチンも棚板はもちろん無垢材。

    インテリアの流行にも対応する商品展開が選ぶ側にもうれしいところだ。


    インダストリアルなスタイルだけではない。

    もちろんナチュラルな空間づくりも可能になる。

    D2_032 みづほ工房N様邸

    床とキッチンをお揃いのメーカーとし、同じ無垢材を使用した。

    食器棚はお客様が購入したものであるが、同じ素材で出来ているので空間としてまとまりを見せる。


    リビングの主役とも言えるキッチン。

    どの視点から選ぶのかと言うことでも家の主役リビングづくりは変わっていくのだ。

    2018.6.1

    詳細を見る
  • テレビを見る方法。

    先日ウチのインターネット関連を少し変更した。

    その手のことに疎い私は新規に接続されてから7年間ネット関連はほぼほったらかしであった。

    が、月々の利用料が節約できる、ポイントがたくさんたまる。

    世の中は7年の間に目覚ましく変化を遂げていた。


    そしてウチに「ひかりテレビ」がやってきたのである。

    契約内容にもよるだろうが通常の地デジ放送の他、BSや見逃し配信などテレビっ子にはたまらないテレビである。


    初期設定が無料だったため(私が疎いためと言う)接続はプロの方にして頂いた。

    プロの方は設定の最後に私のスマホにひかりテレビを連動して下さった。

    無線環境下でひかりテレビは家中どこにいても私のスマホで鑑賞出来ると言うではありませんか。


    そして私は考えた。

    新居のリビングでテレビを見ることはほぼ当たり前。

    よってリビングはテレビを見ることを前提として配置が行われる。


    問題は寝室や子供部屋だ。

    充分な広さが難しい場合「置き場所」や「コンセントの位置」と言う壁に当たることはままある。


    子供部屋には大きく分けて2パターンある。

    ある程度お子さんが大きくなっている場合や性別が分かれている場合。

    そこで選択されるのが個室パターンである。

    D-2_017 (1024x683)

    充分な広さが難しくとも収納などは必要だ。

    どうしてもテレビは二の次になることも多い。


    そして最も多いパターンが「将来2部屋に仕切る」パターンである。

    D2_036 (1024x683)

    D-2_012

    2部屋分のスペースなので広々としている分、壁面が少なくコンセントの場所に悩む。


    そして極め付けが定期的に採用されるこのパターン。

    D2_035

    2階ホールも子供部屋もみんな同じ空間にしちゃうパターン。

    個人的にはものすごく好みであるが将来2部屋仕切るパターンよりも断然壁が無い。

    コンセント問題勃発である。


    だが今回私のひかりテレビ視聴体験で上記テレビ問題は解決の糸口が見えた。(大げさ)

    ネット環境が家に無い方はこのスマホ時代にほぼいないであろう。

    スマホの為にWi-Fiの環境を整えるもの、必ずネット環境はある。


    教育の観点から子供部屋にテレビを考えない、置き場所の問題からテレビを考えない。

    そんな方は多いと思う。

    でもネット環境は日々光のごとく進化を遂げる。

    個室にテレビ用コンセントが無くてももはやそれは問題ではないとすら思う私である。

    2018.5.25

    詳細を見る
  • 地鎮祭の魔法。

    数年前、ある1件のお家の地鎮祭を行った。

    そのお家には当時6才の元気いっぱいの男の子がいらした。

    打合せ中ももちろん待ってなんかいられない。

    見学会もゆっくりとは見られない。

    そりゃそうだ、6才の子供は元気があって当たり前。

    おとなしくしている方が心配になる。


    そしてついに迎えた地鎮祭当日、男の子は何だか緊張しているように見えた。

    奥様が「今日は神様が来てくれる日」だと念押ししてきたと教えて下さった。

    神様に会うということで並々ならぬ緊張感を漂わせていたのだ。

     

    そして6才の男の子にとっての奇跡が起きた。

    彼は地鎮祭の最中、ずっとずーっとおとなしく座っていたのである。


    DSCF0342


    途中何度も奥様が振り返り、あまりの静かさにビックリしていらしたのを覚えている。

    地鎮祭も無事終わり、男の子は私に言った。

    「神様もう帰った?」

    私は「もう帰ったよ」と伝えた。

    その途端、男の子は遥か彼方まで走っていったのである。

    そこには普通の6才の男の子がいた。


    先月、みづほ工房では2件の地鎮祭が執り行われた。


    どちらのお家にもお母さんに甘えたい年頃の2才の男の子がいる。

    打合せ中も例によってじっと待ってはいられない。

    2才なのだ、当たり前である。


    だが、やはり地鎮祭、何かが違うのだ。

    神様が来てくれる特別な日なのだ。

    よって、いずれのお家も2才の男の子に奇跡が起こった。


    DSCN5166

    いつも一緒のお母さんが来ることが出来なくてもこんなに立派に座っていられた。


    DSCN5214

    お祓いを受けるときに頭を下げることだって出来た。


    いずれも後ろで見ている私(司会担当)は涙が出そうになった。

    どのお家のお子さんもみんな、地鎮祭は立派にやり遂げた。

    それを私は地鎮祭の魔法と呼んでいる。

    2018.5.18

    詳細を見る
  • 収納・動線ママ楽プラン相談会。

    昨今ハウスメーカーはこぞって「ママにやさしい」「ママの笑顔」などのキャッチコピーを付けている。

    家は家長(つまりお父さん)が守る。(主に住宅ローンを担当)

    ただ、実際はお母さんが家の中心的存在だ。

    よってママ(お母さん)にクローズアップした間取りはやはり根強い人気になる。


    何を隠そう、みづほ工房は初代(金沢では多分)ママ楽の家を提案した。

    2010年にオープンした「初代ママ楽の家」モデルハウスは何と累計1000人を超えるご来場を頂いたのである。


    そう、実はみづほ工房は「ママ楽プラン」が大得意なのだ。

    そんなみづほ工房が贈る母の日イベント。

    収納・動線ママ楽プラン相談会をこの週末12日・13日に開催!!!


    ev44_1b

    http://www.mizuho-ie.com/event/details_44.html


    予約制にはなるが、その分じっくり間取りの相談が可能。

    もちろん将来の為の参考でも大歓迎!!


    この機会にぜひぜひご参加お待ちしておりまーす!!!

    2018.5.11

    詳細を見る
  • 住む・暮らす・楽しむ。

    お引渡しから何年も経ったお客様邸にお伺いする機会がある。

    用事がある時ももちろんあるが、その多くは定期点検である。


    その中で気が付いたことがあるので今日はそれをテーマにしたいと思う。


    定期点検は主に現場監督が行うがお客様からのご質問やご要望によっては私が登場することもある。

    私が行くとお客様の中には「伊東さんが来るなら掃除しておけば良かった・・・」とおっしゃる。


    でも、お掃除の有無ではないことを私は定期点検で察知している。


    保育園児、小学校へ通う子供がいる中、そう子育て真っ最中なら掃除は行き届かなくて当然だろう。

    しかも多くのお母さんは仕事まで抱えている。

    家の隅々までキレイピカピカなど不可能に近い。


    でも「掃除が行き届いているか」ではなく「家を大事にして下さっているか」は見れば分かるのだ。

    本当に見れば分かる。(何て伝えれば良いか適切な言葉が見つからない・・・)

    見れば分かるのだ。

    掃除なんかではない、家が大事にされているのを見ると本当にうれしくなる。


    D-2_027

    このお家はいつも大切にして下さっているのが伝わる。

    IMG_0220

    築9年にも関わらず結露など一切なく私も感動した1件。勿論このお家以外にもそんなお家はたくさんある。


    たまに「もしや大事にしてくれていないのでは」と思ってしまう方もいる。

    でもそんな方の多くは子育てや仕事を両立させながらもアクティブに毎日を楽しんでいらっしゃる。

    「自分の家」があることで精神的支柱が出来、そして私生活が心から楽しいものになるのであればそれはそれで家を建てて良かったと思って下さっているので、この場合も私はとってもうれしい。


    先日、新築プランニング真っ最中のお客様のご自宅へ伺った。

    既に築17年が経ったアパートに奥様は生活のしにくさ、清潔が保たれない環境を嘆いておられた。

    一刻も早くご新築なさりたいとヒシヒシと伝わった。


    でもこのアパートには高級車を2台所有し、休日はゴルフ三昧の独身貴族がいらっしゃると聞いた。


    それを聞いて私の仮説は恐らく本説なのではないかと思ったのである。


    このアパートにいらっしゃる独身貴族にとって家は「住むことが出来れば良い」場所なのだ。

    古さや家事のしにくさ、清潔が保てないことは貴族にとって二の次なのであろう。


    私のお客様の多くは家は「大切な家族と暮らして行く」場所なのだ。

    だから掃除云々ではなく家を大切にして下さっていると伝わるのだ。


    ちょっと大事さが欠けているかもと思うお客様は心から暮らしを楽しんでいらっしゃる。

    このお客様にとって家は「家族と生活を心から楽しむ」場所なのだ。

    だから家にちょっとくらい大事さを感じなくとも私が心からうれしくなるのだ。


    「住む」のか「暮らす」または「楽しむ」のかで家を大切にして下さるかどうかは決まる。

    これからご新築の皆様にはぜひ「暮らす場所」「楽しむ場所」として家を考えて下されば心から嬉しく思います。

    2018.5.4

    詳細を見る
  • 建替えの法則

    ご新築の場合、主に2つのパターンがある。

    ①新たに土地を求めて新築する。(住み替え含む)

    ②現在の場所で建て替える。(ご実家の建替え含む)

    主にと言うかほぼ上記2パターンである。


    そしてパターン②建替えが今日のテーマなのだ。

    何度か建替えのお客様を担当させて頂いたが、そこには法則(大げさ)があった。


    「建替えのお客様邸はかなりの割合で以前の間取りを踏襲する」のである。


    住まい続けた期間が長ければ長いほどこの法則が当てはまる気がする。

    もちろん慣れ親しんだ間取りが住まい方に違和感を持たないというメリットがあるだろう。

    でもよく考えるとその場所に長く住んでいれば光の入り方や風の通り方は一番分かるのだ。


    ウチの地域(山)は風の吹き方が一般論とは異なる。

    設計的な一般論で言えば「夏の風は南西から、冬の風は北東から」である。

    ウチの場合は「夏は北東から、冬は南西から」風が吹く。

    やはり住んでみないと分からないことがあるのだ。


    そうやって以前の間取りを踏襲したお宅を1件紹介したいと思う。

    以前の間取りが残りつつも利便性や快適性を備えて生まれ変わった1件である。


    1

    玄関は収納を増やし、段差を解消した。


    2

    居室へと続く廊下には以前の住まいの床柱をあしらう。

    他界されたお父様が建てた以前の住まいの思い出である。


    3

    廊下や玄関へと光をそそぐ中庭は少し移動させて隣家からの視線を考慮。


    4

    以前はお座敷だった絶景の場所を新居ではリビングダイニングとして。


    5

    孤立することのないキッチンは家事の負担を減らし寒さも解消した。


    6

    リビングは和室として以前のお茶の間を踏襲。

    床暖房完備で高齢のお母様への配慮も忘れない。


    7

    以前よりお茶の間横はお母様の部屋だった。

    住まい慣れた間取りが快適性をとてもアップさせて生まれ変わる。


    以前の面影を濃く残しつつも生まれ変わった新居をオーナー様はとても喜んで下さった。

    新しい形を提案するだけがハウスメーカーの仕事ではないと勉強させて頂いた1件である。



    2018.4.27

    詳細を見る
  • 庭もいいものですよ。

    住宅の営業と言う仕事柄、日々様々な方の価値観に触れる。


    例えば車庫やガレージ。

    趣味のバイクや車を手入れする為に必要と言う方は案外少ない。

    多くの方が「雨に濡れずに車に乗りたい」と言う理由でそれらを設ける。

    もちろん雨に濡れずに乗り降り出来ればそれに越したことはない。


    伊東家の場合、間口(土地と道が接地している長さ)が狭く7.5mほどしかない。

    ただ方角は南向きなので玄関は非常に明るい。

    車庫はその多くが幅5.5mなので、ウチにそんなモノが付いたらせっかくの玄関が真っ暗になる。

    私の価値観(とウチの間口&方角)の中に車庫は必要なかった。


    そしてはっきりと2つに分かれる住宅価値観として「庭」がある。


    庭を不要と考える方の多くは「草むしり」「虫」がイヤだと言う理由だ。

    非常にひじょーに良く分かる。

    お庭屋さんに聞いたところ「虫の付きにくい木などない」らしい。

    害虫の中では超有名なアメシロは蛾なのだ。

    「わーい、わーい」と優雅に空を散歩。

    「おっ、ここにしよーっと」とそこらの木にとまる。

    そして卵を産むそうである。

    こんな感じだと「まぁ防ぎようはないわな~」となる。

    だから庭は不要と言う価値観もとても分かる。


    ウチは庭が欲しかった。

    もちろん虫も来る。(昨年はアブラムシ発生→それを食べに蜂も来た)

    草だってすぐに生える。(今年に入って草むしりは2回している)


    でもね。

    桜の終わった今の季節、伊東家の庭(猫の額)は春満開なのだ。


    DSC_1730

    年々花付きが良くなるジューンベリー。


    DSC_1729

    私の宝物、リキュウバイ。


    DSC_1723

    大雪にも負けずに見事冬越しをしたパンジーやビオラちゃん。


    もうすぐブルーベリーやナツツバキ、ドウダンツツジも花を咲かせる。

    それが終わるとラベンダーである。


    ご近所さんからも「毎年楽しみ」と言って頂いた。

    住人も毎年楽しみである。


    季節を感じる庭。

    ぜひチャレンジして欲しいと思うが価値観は価値観・・・。



    2018.4.20

    詳細を見る
前へ
123...7
資料請求
6月
5月  
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別ブログ記事

WEB見学予約はこちら 会員登録
もっとみづほ工房の魅力を知りたい方へ暮らし実例集&空間間取り集無料プレゼント資料請求はこちら
お役立ちプレミアム会員登録お役立ち情報・最新イベント情報を定期的にお届け!
  • 優先的に最新の見学会・イベント情報をメールでお知らせ!
  • お客様のご都合やご予定に合わせてイベント参加できるから、らくらくスムーズ!
  • 会員様限定の特典やお得情報も定期的にお届け!
  • 会員様しか会員様しか参加できないプレミアムイベントも!