スタッフブログ子育て家族に自由設計×自然素材×高品質な世界に1つだけの暮らしを。

  • 隣地との境界は。

    何だか壮大なテーマのようなタイトルになってしまった・・・。

    今日のお話は境界問題で揉める云々ではない。

    境界に良く設置されているブロック塀やコンクリート塀がテーマなのだ。


    お隣さんとの敷地の境として良く2段積みくらいのブロック塀を見かける。

    同じくらいの高さのコンクリート塀のところもある。


    先日ウチの社員が社員用駐車場に車を停める際、このブロックにぶつけてしまった。

    しかも2人目である。

    ちなみに我が家も来客がタイヤのホイールをここにぶつけてしまった。


    そう、このブロック、2段くらいの高さだと車の視界から外れるのである。

    よって最近の新しい宅地では道路から50センチ~1m程度は境界ブロックが無い場所も出てきた。

    斜めにカットされて車への配慮をしている場所もある。


    じゃあ、ブロックを高くすれば良いのか。

    それは違う。

    ブロック塀は高ければ高い分危険な工作物になる。


    過日、大阪で起こった地震によりブロック塀が崩壊、子供が犠牲になるという悲しい事故があった。

    今、ニュースでも大問題になっているが、大阪の件では防止策がなかった。

    ブロック塀はある程度の高さ以上は倒壊防止の策を打たなくてはならないのだ。


    D-2_002 

    ブロック塀の内側に支え用のブロック塀。

    これを「控え」と言う。

    昭和の時代の区画整理は今とは違い、比較的背の高いブロック塀で隣地との境界を区切ることが多かった。

    私の実家はなんと10段積みのブロック塀がお隣さんとの境に存在していた。

    しかも控えは無しである。

    そして、ある日、ついにそのブロックが倒壊した。(しかも実家側に)

    運よく駐車していなかった。

    誰もいなかった。

    よって事故は起こらなかったがウチの家族と隣家の家族は度肝を抜かれたものである。


    先日建替えの話をしたが、建替えの多くの場合はこの「控え」がいるだろう高さのブロック塀が登場する。


    控えを設置するにはお金もかかるし、第一に通路として邪魔である。

    でも大阪の一件を思い出して、高いブロック塀は危ないと心に留めておいて欲しい。


    2018.6.29

資料請求
9月
8月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別ブログ記事

WEB見学予約はこちら 会員登録
もっとみづほ工房の魅力を知りたい方へ暮らし実例集&空間間取り集無料プレゼント資料請求はこちら
お役立ちプレミアム会員登録お役立ち情報・最新イベント情報を定期的にお届け!
  • 優先的に最新の見学会・イベント情報をメールでお知らせ!
  • お客様のご都合やご予定に合わせてイベント参加できるから、らくらくスムーズ!
  • 会員様限定の特典やお得情報も定期的にお届け!
  • 会員様しか会員様しか参加できないプレミアムイベントも!